トップ > コレクション > 食器 > ニューウェイブカフェ シティ オブ ザ ワールド

ニューウェイブカフェ シティ オブ ザ ワールド

他にはないユニークなシェイプ、手にしっくりとフィットする一体成型ハンドルなど、魅力を挙げればきりがないニューウェイブカフェ。
定番の白無地の他に、本国のドイツでは、毎年新しいデザインが発表されコレクターの方もいる人気シリーズです。


●from Japanなトーキョーを●

世界でも指折りの大都市、東京。歴史と最先端がこんなにも入り混じっている都市は、世界でもあまり類を見ないかもしれません。

「トーキョーマグ No.2」には、私たち日本人から見た、世界に誇りたいモチーフをふんだんに描いた日本限定デザイン。
名物だけでなく、私たちが愛する四季も楽しめる絵柄にしました。


>トーキョーマグNo.2、詳しくはこちらから

●新旧トーキョー?それとも他の都市と?●

毎年新しいデザインが発表されるニューウェイブカフェ。
その中でも特に人気を博したのがこの「NWC シティ オブ ザ ワールド」です。
日本でもいくつかの都市を定番シリーズとしてご紹介しています。
1つでも、またペアでの贈り物にもおすすめ!どの都市を贈ろう・・・と考えるのも楽しそうです。


>現在展開中のNWC シティ オブ ザ ワールド各都市のモチーフは、こちらから

NEW!トーキョーNo.2

●from Japanなトーキョーを●

“春”を象徴する日本の花 桜
東京の入り口 東京駅建舎
国技である相撲の力士
メトロポリタンシティの側面である高層ビル群
無形文化財 歌舞伎の隈取
“江戸の夏”を象徴する花火
“侘び寂び”の象徴 枯山水の庭園
“収穫の秋”を表す、たわわに実った稲穂とおむすび
冬を表現した、富士に積もる雪と、その絶景を望みながら走り抜ける技術力の結晶 新幹線。

ニューウェイブカフェ シティ オブ ザ ワールド
各都市の見どころ

トーキョー

トーキョー
紅葉のもみじ
スカイツリー
浅草 「雷門」の人形焼
招き猫
和傘(番傘、唐傘、野天傘)
東京タワー
浅草寺の五重塔
自転車
「六本木」の標識

ニューヨーク

ニューヨーク
一方通行の標識
ウォールストリートの標識
地下鉄の標識
エンパイアステートビル
横断歩道の信号
アメリカンフットボール選手
フラットアイアンビル
NYの高層ビルの中で、最も古い歴史を持つ。
ウォール街の「突進する雄牛」像
1987年の「ブラックマンデー」の株価大暴落に対して、「米国民の力強さ」を表すものとしてディ・モディカが制作、1989年12月の夜中にゲリラ的に証券取引所の前に設置した。
市民からの人気を集めたため、市当局によって近くの公園に移設され常設となっている。
セントラルパークのリス
セントラルステーションのインフォメーションデスク上にある時計
4面の時計の文字盤は、オパール製で、その価値1千万から2千万ドル(約11億円から約22億円)とも言われている。
イエローキャブ
NYを象徴するタクシー

パリ

パリ
エッフェルタワーの看板
メトロの入口看板
メトロ(パリの地下鉄)の地上入口にある看板。
オペラ座駅のもの。
サクレ・クール寺院
「聖なる心臓」を意味する教会堂
パレットと絵筆
「芸術の街」パリを象徴するパレットと絵筆
カフェでよく見られるタイプの椅子
"
モリス広告塔
1868年ごろからパリに建てられている、広告専用の塔。
シトロエン 2CV

ベルリン

ベルリン
ウンター・デン・リンデン
ベルリンの大通りの一つ。沿道には多くの歴史的建造物が建ち並ぶ。
ベルリン市の紋章
キャバレー
1920年代、享楽的な文化が爆発した時代のベルリンを描いた映画
ベルリン市街のガス燈
ホテルのポーター
ブランデンブルク門
ウンター・デン・リンデン通り入口に建てられた巨大な門。平和の象徴だが、東西ドイツ分断時には境界線の一部とされていたことも。
トラバント
旧東ドイツ製の自動車

ローマ

ローマ
ポポロ広場
コリント式様式
ベスパ
ローマの休日でオードリーも乗ったバイク「ベスパ」。
古貨幣
フォロ・ロマーノ
ネロの胸像
ローマ皇帝ネロの胸像。
パルテノン神殿
フィアット

ロンドン

ロンドン
ビッグベン
ウェストミンスター宮殿にある時計台
ロンドンタクシー
ハイドパーク
電話ボックス
通称"boxes"
セント・ポール大聖堂
シティにある大聖堂
二階建てバス
ロンドンと言えば、の赤い二階建てバス